スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
THE COVE (イルカ虐殺の『入江』) を観る
簡単に言うと、日本ではイルカの大量虐殺が行われている、それをとめましょう、というドキュメンタリー映画。
保護活動家たちは殺戮現場を撮影しようと、現場である入江に入り込もうとしてさまざまな妨害を受けるが、最後には目的を達成する。
その概略を私情を激しく交えて(笑)紹介しようと思う。

映画はまず、「日本は世界の漁場を牛耳っている」と紹介。これが真実かどうか知らないが、漁業が盛んな国のうちでもっとも金持ちなのは日本であるのは事実だろうと思う。
「イルカを一番集中的に殺しているのは日本にある入り江である。イルカは音にもっとも敏感であり、そのイルカが嫌がる音をがんがん鳴らして入り江に追い込み、網で囲う。フリッパーに似た若いメスは真っ先に目をつけられて世界各地のイルカショーのために売られていき、残りは殺され食用となる。年間34000頭が殺されている。日本近海を通るだけで、哺乳類は危険にさらされるのだ」(私は一回観ただけの記憶で書いているため、細かい数字、人の肩書き、団体の名前などは100パーセント確実とはいえない。が、大勢には影響ないと思う)。

****第一章 反対者の主張****

私の見たところ、保護活動家たちには三つの理由づけがある。

1 殺戮の残虐性
2 見世物、捕獲への反感
3 食用にすること危険性

これらを順に観ていこうと思う。

1 残虐性
私は見世物には反対だが、動物が動物を食うのに残虐もくそもないと思う。だが、イルカは人の命を助けると言ってるサーファーとか、野生のイルカと交流するのが好きな素もぐりの達人にとっては、イルカが血を流して死んでいくのは耐え難いことらしい。これは「犬を食べるなんて信じられない」という感覚と似たようなものではないかと想像する。
ぴいぴい鳴くイルカを次から次へ突きまくって(苦手な人は見ない方がいい)入り江はまさに、血の海と化すのであるが、じゃ、牛や豚バラす時には血が出ないの? と冷静に考えてみる。同じやんけ。と私は思う。

2 見世物になることの問題
反対活動家の一人は、往年の大人気イルカ番組「わんぱくフリッパー」のイルカたちを訓練したイルカ調教のパイオニア。彼がこの映画の主人公といってもいい。
「ショーをするイルカの笑顔は幸せそうに見えるが、それはイリュージョンである。ショー・ビジネスの背後で、イルカたちは死なないように抗ストレス剤を投与されている。自分が『フリッパー』で道をひらいたせいで、イルカと交流するのが楽しい、抱いたりキスしたり、そういうことが楽しいことだと世界中に広まってしまった」

フリッパーを演じていた一頭が(おそらくはストレスで)弱って死んだとき、「自ら呼吸を止めた、自殺といっていい」そのとき、彼の中で何かが崩壊したらしい。次の日には捕獲状態のイルカを開放しようとして逮捕されたという。「これがイルカの死に対する自分の反応だった」

「今までに何回逮捕されましたか?」と訊かれると、
「え? 年間で?」

それが自分の反応。
もうここまでくれば何も言うまい。
彼はイルカを愛している。自分が広めたことを自分の手で終わらせようとしている。
そのような信念に基づいて行動する人は同じ人間として尊敬しようと思う。

日本がパワーを握る団体には出入り禁止。
また、海洋・イルカ関係の催し物で、彼はトリの講演をつとめるはずだったが、土壇場で拒絶された。そのときのスポンサーはシーワールドだったという。

3 水銀濃度
「日本の安全基準は0.4ppm。漁が行われている現地で買ったイルカの肉は2000ppm。めちゃくちゃ水銀濃度が高いです」(漁業組合次長みたいな肩書きの日本人がそう説明している)

煤煙などに含まれる水銀は水を汚染し、小魚が汚染されると、それを食う魚はまるごとそれを体内にためこみ、食物
連鎖の上にいくほど高い濃度になっていく。
イルカの肉はあまり好まれないので、鯨の肉としてスーパーの棚などに並ぶ、という。以下、次長にインタビュー。

「水俣病みたいなことにはらないんですか」
「ありえないと思いますよ」

そして、『地元猟師たちは議論の矛先をかわすために、地元の小学生にイルカの肉をただでふるまった』という。

「あなた方はイルカの肉を全国の給食にまわすつもりですか」
「あなた方は完璧に我々を誤解しています」

しかし後から、市役所の役員二人が出てきて、「私には五歳と七歳の男の子がいます。給食というのは強制なんです。残すことができない。それを考えて、(水銀の)数値を公表することにしました」

ナレーションいわく、
「出る杭は打たれる、という言葉がある。日本の社会で大勢に楯突くことは大変困難なことである。こういった環境保
全問題に取り組む大きな組織は日本には存在しない、あるいは機能していないといっていい。彼らは命の危険。。。でなければ、生活の危険をおしてそういうこと行動に出た」

その甲斐あってイルカメニューは給食から殲滅。
先の誤解だと主張した次長の髪の毛からも水銀が確認され(それが原因かどうかは知らないが)
2008年に解雇されたという。

おまけ映像では、水銀濃度を調べる日本の科学者たちがインタビューされている。彼らは政府に雇われていて、音声
変換、モザイクつき映像。
「一定量のマグロを摂取し続けると、二週間で体内の水銀濃度は二倍にはねあがります。ここで、実験に使っていた
安いマグロが市場からなくなってしまいました。仕方なく高いのに変えたのですが」

結果はいっそう悪くなった、という(この部分、音声がよく聞き取れず、字幕があってるかどうか定かではない)

彼らを寿司屋で接待したが、誰一人寿司を口にしなかった、という。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画紹介 - ジャンル:映画

【2010/03/15 06:23】 | 自然・生き物 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
D horizon


趣味

profile

はぐパン

Author:はぐパン
Some English

categories

comments

search

RSS

link

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。